会社案内

企業理念

新生飼料は、
農家の皆さまが牛の健康に悩むことなく安心して経営できるように
「牛の生理にあった飼料」をつくり続けることで、
安定的な飼育環境づくりをサポートし続けます。

 

代表あいさつ

弊社は「飼料に牛を合わせるのではなく、牛に飼料を合わせる」という理念のもと『牛の生理にあった飼料』をつくり続けて50余年の飼料会社です。
創業者の深谷幸作は、獣医師として農家さんを訪問する中で、穀類を主体とした濃厚飼料による牛の健康への影響を気にかけておりました。「牛を治療するだけではなく、牛の生理にあった飼料を与えることで病気を予防し、農家さんの力になれないものか」と考えた結果、予防獣医学に基づいた飼料の開発が急務であるとの結論に至り、昭和35年に飼料研究とコンサルティング業務を行う「新生飼料研究所」を立ち上げました。その時に考案されたものが“醸造副産物”を活用した「アルコール発酵飼料」であり、創業以来、弊社の主力商品となっております。
いつもご愛用いただいている皆さまに感謝申し上げますとともに、これからも「牛の生理にあったアルコール発酵飼料」を、より多くの農家の皆さまにお届けできますよう、全社一丸となって取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 深谷 宣仁